転職活動のウソ・ホント 〜実体験をもとに語る裏話〜 選考編

続いて、選考における裏話を紹介したいと思います。 これを読めば、転職活動がもっとお気楽なものに変わるかも? こちらも筆者の実体験をもとに書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。


◆書類選考のウソ・ホント 履歴書はとにかく送れ!

最初にぶち当たる選考は、書類選考です。 履歴書や職務経歴書を送って、それが通過すれば次の選考へ進む…という流れであり、 第一関門のためやはり力が入りますよね。 「自分をよりアピールできるように書かないと」「とにかく書類選考を通過したい!!」と どうしてもかたく考えて書いてしまいがちですが、実はこの書類選考、重要視する企業はそう多くないのかもしれません…。 というのも、筆者は開き直り戦法で「いくら内容を素晴らしいものにしても、通るときは通るし、ダメなときはダメ」と、 内容にこだわらず履歴書を書いていたのですが…結果はほぼ「通過」。 書いた内容は、職歴・やっていた仕事内容(箇条書きで詳細はほとんど記述せず)・簡潔な自己アピールのみ。 「やる気あるの?」と言われてもおかしくないくらいのシンプルさでしたが、 多くの企業から「書類選考通過です。次の面接にお越しいただきたいのですが…」と通過連絡をいただけたのです。 「本当に履歴書読んでいるの?書類選考って…ウソ?」と不思議で仕方なかったのですが、 数を重ねていくうちに筆者は悟りました。 「企業がホントに大切にしている選考は、面接なんだ。」と。 ですので、書類“選考”だからといってこだわり過ぎるのは要注意です。 「履歴書は必要最低限の内容、アピールポイントは面接でぶつける!」と思うくらいがちょうどいいでしょう。


◆面接のウソ・ホント 面接はお茶会感覚で

「面接試験で合否が決まる」、これはホントです。 むしろ、それ以外の選考は準備体操に過ぎません。 これは某大手コンサルティング会社の人事の方から聞いたお話なのですが、 中途採用で最も大切なのは「企業との相性」で、その良し悪しで合否を決めているそうです。 それを面接で見極めているため、履歴書や筆記試験は正直そこまで重視していない、 むしろそこで合否を決められないのだとか。 面接では雰囲気や話し方、価値観などを探っており、そこで感じたフィーリング・相性を判定基準としているそうです。 ここで注意しなければならないのが、「企業の理想像を演じる」「質問に対して完璧に答えようとする」ということ。 「企業理念を覚えていないとダメ。質問に対しては社風に合った回答をしないとダメ。」と考えている人は、要注意です。 中途採用においてこれは全くのウソで、かえってマイナス効果になってしまうのだとか。 「中途採用は、いわば“仲間探し”。自然体の姿を見せてもらえることが、内定への最大の近道です。」とのこと (思い返してみると、筆者が内定をいただけた企業は、全て自然体で面接できた企業ばかりです)。 面接は、どれだけリラックスし、どれだけ自然体でお話できるかがポイントになりそうですね。 面接は“お茶をする”、そんな気持ちでマイペースに臨みましょう♪



トップへ戻る