内定獲得率アップ?!選考が通過しやすいサイトって?

◆1番選考が通りやすいサイトはどこ?

ここまで、様々な転職サイトの特徴や強みを紹介してきました。 では、最も選考が通りやすいサイトは、一体どこなのでしょうか? それは、どの転職サイトでもありません。 1番内定率の高いサイトは、“企業の採用情報”のページなのです。 “転職活動”となると、どうしても「転職サイトで求人を探す」という考えになりがちですが、 選考通過率をあげたい方は、企業の採用情報ページから直接エントリーをしてみましょう。


◆ダイレクトエントリーで、ライバルに差をつけろ!

ここで筆者が言いたいのは、「転職サイトを使う=ナンセンス」ということではなく、 「転職サイトで希望の求人を見つけたら、企業のホームページからダイレクトに応募する」ということです。 実は、転職サイトに掲載されている求人情報は、代行会社に委託されているというケースが多いのです。 企業のホームページに掲載されている求人であれば、ほとんどがその企業の人事部が窓口となっているはずです。 ですが、転職サイトから応募をすると、代行会社が応募者と企業の人事の間に入り、 連絡のやりとりや選考のステップ等、何事もワンテンポ遅れてしまいます。 即戦力を求める中途採用の世界では1日、いや、1分1秒の差で内定枠がうまってしまう、なんてことも…。 企業のホームページからダイレクトに応募することで、ライバルとスタートダッシュに差をつけることができ、 内定獲得率をあげることに繋がるのです。


◆合否の判定は、100%人事部で行っているわけではない?

選考を委託された企業の役割は、応募者・人事部の連絡を仲介するだけではありません。 企業から提示された選考基準をもとに、選考の合否を決める…なんて話もないわけではないのだとか。 応募先の企業に判断されるならまだしも、代行会社に合否を決められてしまうというのは、ちょっと腑に落ちませんよね。 人事部にきちんと履歴書を見てもらうためにも、企業のホームページからダイレクトに応募し、 クリアに選考を通過しましょう!


◆内定獲得へのコツ!3ステップで選考通過率をあげろ!

以上より、筆者がオススメする応募の流れは以下の通りです。 ・まずは転職サイト!希望の求人をざっくりと探す ・目星がついたら、企業の採用情報のページへ!中途採用の募集があるかどうか確認する ・求人情報があれば、そのサイトからダイレクトにエントリーをする!


◆“数撃ちゃ当たる”戦法はNG!応募は一つのサイトで

ここで注意しなければならないのが、エントリーは一社につき一サイトということ。 転職応募サイト・企業のホームページの両方へエントリーをしたくなりますが、 重複しての応募は基本的に好まれず、場合によってはそれだけで不合格となってしまうことも…。 一度エントリーすれば必ず受付されますので、“数撃ちゃ当たる”戦法は控えてくださいね。 そして、(くどくなりますが)なるべく企業のホームページからエントリーをしましょう。 どんどん選考を通過し、たくさん内定を勝ち取ってくださいね!



トップへ戻る