ワークライフバランス〜リフレッシュも仕事のうち!〜

今、「ワークライフバランス」という言葉が注目されており、 内閣府のホームベージでも紹介がされています。 ワークライフバランスとは、仕事がうまくいけば生活が潤い、生活が充実するからこそ仕事も楽しく働ける、 つまり仕事とプライベートを両立させましょうという考え方です。 今までは、「プライベートよりも、仕事を最優先させる」というのが暗黙のルールでした。 しかし、過重労働の改善や残業による経費を削減させるという点から、ワークライフバランスを推進する企業が増えてきています。 また、「残業時間が減った分、趣味や休息などの時間を設けてもらう。そしてプライベートを充実させ、メリハリをつけて仕事に励んでもらう。」 というのも狙いの一つなのだとか。 それでは、具体的にはどのように過ごすのがいいのでしょうか?


◆ワークライフバランス支援制度を活用せよ!

ワークライフバランスの推進により、定時後の習い事や資格取得のための勉強、大学院通学を企業側が認め、 支援してくれる制度があるようです。 「あまり残業はせず、早く帰りたいな。」と思っても、これといった目的がないとなかなか帰れないですよね。 こういう制度があればどんどん活用し、仕事以外の目標でリフレッシュしちゃいましょう!


◆夜の読書でぐっすり快眠

また、平日のリフレッシュ方法としてオススメなのは、読書です。 現代はスマホが普及し、夜遅くまでスマホとにらめっこ…なんて人も多いのではないでしょうか。 ですが、スマホから発せられるブルーライトは強いエネルギーを持ち、夜の睡眠の邪魔をするそうです。 寝つきが悪いと翌朝スッキリ起きられず、仕事中も睡眠不足で眠くなり、集中することができません。 こういったストレスを抱えている方は、一度“夜の読書”を試してみてください。 過ごしやすい季節なら、窓を開けて自然の音をBGMにしながら読むのが気持ちいいですよ。 活字を読むことは心をチューニングする効果があり、自然音には自然ならではのリラックス音波が含まれているため、 心の疲れを和らげてくれます。 夜の読書で心身ともにリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。


◆メリハリ人間になれ!休日は仕事を忘れること

仕事漬けになるのではなく「プライベートの時間を設けてメリハリをつける」、 これが仕事と私生活の好循環をもたらすポイントになりそうですね。 平日はもちろん、休日もしっかりリフレッシュをしましょう。 終日遊び倒すのもよし、好きなだけ寝て家でゴロゴロ過ごすのもよし! とにかく自分の「好きなこと」をしましょう。 いわば、リフレッシュ=休日の仕事ということになりそうですね。 万が一、旅行や買い物などのツケで借金をしてしまった場合は、 サイゾウさんに 相談してみてください。 休むときは思いっきり休む、働くときはガシガシ働く! ワークライフバランスを自分のモノにし、仕事・プライベートの両方を充実させていきましょう。



トップへ戻る